魚津消防署 滑川消防署 上市消防署 舟橋分遣所
わたしも消防団員 消防団員募集!

AEDの使い方

AEDとは

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。

AEDは操作方法を音声ガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。

また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、安心です。

 

心室細動とは

心室細動とは、心臓の筋肉がけいれんしたような状態になり、全身に血液を送るポンプ機能を失った状態になる致死性不整脈の一つです。

心室細動の唯一の治療方法が、除細動器(AEDを含む)で電気ショックを与えることだと言われています。

そして、AEDの使用とあわせて、私たち一般市民が胸骨圧迫や人工呼吸を行うことで1人でも多くの方を救うことができるのです。

 

とにかく早く!

成功の可能性が1分ごとに7~10%低下
電気ショックは心室細動であれば、どんなときでも成功するものではありません。

時間との勝負です。

救急車が到着する前に傷病者の近くにいる私たち一般市民(バイスタンダー)がAEDを使用して電気ショックをできるだけ早く行うことが重要になります。

 

AEDの使い方(レールダル社の場合)

① AEDを傷病者の横に置きカバーを開ける

② 電源ボタンを押し音声メッセージに従う。

③ 電極のパッドを胸部に貼りパッドのコネクターをAEDの差込口に挿す。
【パッドを貼る時のチェック項目】
・胸が濡れていないか
・胸に貼り薬がないか
・ペースメーカー等がないか

④ AEDの解析が始まるまで傷病者に誰も触れないことを確認する。

⑤ 除細動(電気ショック)の指示がでたら傷病者に誰も触れていないことを確認し、除細動ボタンを押す。

⑥ 除細動(電気ショック)実施後、直ちに胸骨圧迫・人工呼吸(心肺蘇生)を実施する。

AEDは救急隊が到着するまで電源を切らず、またパッドも胸に貼ったままにしておく。

※AEDには様々な機種があります。その機種のメッセージに従って操作してください!!